毒親育ち、DV被害者、シングルマザーの現実

毒親持ち、DV被害者、シングルマザーのアラサーの体験談

自分の親が毒親だと気づくまで③

高校2年生の夏休み前、私はついに不登校になりました。

理由は唯一の同性の友達だった子が不登校になり

私の味方が誰もいなかったからです。

ちなみにこの友達が不登校になった理由は

私のせいでいじめのとばっちりを受けたとか

そういう理由ではありません。

(プライバシーなので理由は伏せます)

 

その頃までの約1年半の間は友達がいたこともあり

いじめられても全く気になりませんでしたが

なんかもうこいつら(いじめの加害者達)のアホさに付き合うのもばかばかしいし

友達も学校に来てないから楽しくないし

そもそもこの高校って私が進学したくて来たわけじゃないし

別に無理して登校する必要なくない?

となり親には学校に行けと怒鳴られながらも

頑なに学校に行こうとせず不登校になりました。

 

それでも毎朝決まった時間に私を起こしまた今日も休むの?と

呆れながら聞いてくる母親に更に嫌気がさしていました。

今思うと母は自分の娘が不登校という世間体の悪さを気にして

そういう態度で接してきていたのでしょう。

 

世間体って子供よりも大事なものですか?

そもそも世間体を気にするのであれば

自分の夫(私の実父)が浮気したくらいで離婚するとか(笑)って感じですね。

 

子供の意見を否定しまくって無理やり入れた高校なんだから

こうなることも想定しておくべきでは?と今でこそ思えます。

 

ちなみにこの頃私はバイトをしていたので

学校へは全く行かずにバイト三昧の毎日を過ごして

それがまた母の気に障ったようで

「学校は行かないくせにバイトは行くっておかしくない?」

と私の事を否定してばかりでした。

 

私は母親に褒められた覚えがなく否定ばかりされてきました。

例えば私は5教科で言うなら英語が得意で数学が本当にダメだったのですが

中学生の頃のある時の通知表の成績(5段階評価)で前回と今回を比べると

・英語:前回4→今回5

・数学:前回3→今回2

になってしまった時がありました。

そのほかの教科は前回も今回も同様でした。

つまり内申は変わらないですね。

 

私はこの通知表をもらった時に

「英語の成績が上がったからきっと褒めてもらえる」

と思い母に通知表を見せると母が発言した内容は

「あんた数学の成績下がってるじゃん、何やってんの。」

と言われました。

 

私は頭を石でぶたれたような衝撃が走りました。

下がった数学の成績だけ指摘されて上がった英語の成績については

何も触れてもらえませんでした。

 

なので私は

「でも英語の成績は上がったんだから内申は変わらないよ」

と言ったのですが、それでも母は

「内申が変わらなかろうが英語の成績が上がろうが

数学の成績が下がっていたら意味がない。もっとしっかり勉強しなさい。」

と言われたのでさすがに腹が立ち喧嘩になりました。

 

私はそこで母に指摘しました。

「普通は今回数学は下がっちゃったけど英語は上がったんだね。

凄いね、頑張ったんだね。

次は英語の成績はこのままで数学がよくなるように頑張ってね。

って言うべきなんじゃないの?」

と言っても「でも数学の成績が~」と繰り返すばかりでした。

 

始めて料理をして母に食べてもらった時も

「私はもっと甘い方が好き」と言われ本当に褒められた覚えがありません。

 

 

世の中の子育て家庭の方々は無意識のうちに褒めることを一切せずに

悪いところの指摘ばかりしていませんか?

それは本当にやめた方がいいです。

子供の自己肯定力がなくなります。

 

私は今でも自己肯定ができず友達にも職場の人にも

自己肯定力をつけなさいと指摘されますが

親に褒められず悪いところの指摘ばかりされた子供は

大人になってからも自分の行動などに自信が持てず

人の目が気になって仕方がないです。

 

・周りから私はどう見られているのか

・悪いように見られていないか

・周りの人は私をどう思っているのか

そんなことばかり頭の中でぐるぐるしてしまいます。

 

私は母親のせいでもう何年も心療内科に通い続け薬で様々な症状をごまかし

カウンセリングを受け色々な解決口を探しています。

 

自分の子供を私のような大人にさせたくないのであれば

子供の事をきちんと褒めてあげてください。