毒親育ち、DV被害者、シングルマザーの現実

毒親持ち、DV被害者、シングルマザーのアラサーの体験談

出産と育児の開始②

タイトルだけ見ると平和そうに見えますね。

平和と言うかまあ育児あるあるだよね~くらいな。

 

入院中悩まされたのは特に睡眠と食事。

・子供に起こされる

・看護師の昼夜問わない巡回で起こされる

 (めっちゃ静かに来てるんだけど私が神経質だから起きてしまう)

・食事が少ない、まずい(大学病院だからね・・・)

・実母と実祖母が昼間に毎日のように面会に来て昼寝ができない

 

あ、子供が生まれた時には母が元夫に連絡したらしく

生まれた次の日に面会に来ましたよ、深夜2~3時くらいでしたかね。

 

面会に来るならこっちの睡眠時間考えてくれってめっちゃイライラしてました。

私は結構本能に忠実な人なので空腹と睡眠不足になると

めちゃくちゃ不機嫌になるんです。(みんなそうかも)

入院中は空腹も睡眠不足も重なっていたので本当にイライラしっぱなしでした。

元夫と一緒に暮らさなくていいのだけが最高でした(笑)

 

その元夫なのですが私の入院中は面倒を見てくれる人が

誰もいないのでてっきり実家に帰ってると思っていたのですが

実家に帰らずに家にいたらしいです。

私これ知らなかったんですよ。

 

退院日には元夫が来てくれましたが

まさかのチャイルドシートをまだ設置してないという。

チャイルドシートを設置しないと子供が車に乗れないから

今すぐ設置してこいと退院日に言いましたが設置し終わって

病室に帰ってきたときに

「このくそ寒い中チャイルドシート設置してきてやったわ」

と言われました。

 

設置”してきてやった”って何?

チャイルドシート必須だって何度も言ったよね?

 

実は元夫がチャイルドシート否定派でかなりストレス抱えました。

元夫の言い分は

チャイルドシートに泣いたまま子供を縛り付けるなんてかわいそう

・泣き声でイライラして運転に支障が出る

・抱っこしてれば問題ない

・前妻との子供もチャイルドシートに乗せてなかったけど問題なかった

要するに子供の泣き声がうざいからチャイルドシート

乗せたくなかったみたいです。

 

でも私の言い分は

・事故した時にチャイルドシートに乗ってなかったら死ぬかもしれないから

 そっちの方がかわいそうだ

・泣き声で運転に支障が出るくらいなら免許返納してこい

・抱っこしてて事故ったら子供がエアバッグになる

・前妻との子供の頃の時代は知らんけど今の時代はチャイルドシート必須だって

 法律で決まっている

こんな感じで退院時からもうイライラ。

 

ちなみに元夫これでも職業柄毎日大型トラック乗り回してたんですよ。

まあ免許はブルーで毎回違反者講習を受けてたみたいですが(笑)

なのにこういう人に限って

「俺は絶対に事故らない!」

っていう謎の自信を持ってるんですよね。

 

「仮に元夫過失の事故でなくても事故に巻き込まれる可能性があるから

チャイルドシートに乗せろって言ってるんだけど

チャイルドシートに乗せていない状態で事故に巻き込まれて子供が死んだら

どうするの?責任取れるの?」

と何度も言ったことがありますが元夫は宇宙人だったので

「子供が死んだら相手に金請求する」

と絶対答えていました。

子供の命はお金で買えるらしいですよ、どこの宇宙人かな?

 

とりあえず子供をチャイルドシートに乗せるor乗せないは

私が一歩も譲らなかったので乗せてましたよ。

泣いても喚いても元夫が運転中にチャイルドシート降ろせと

何度言おうが絶対に降ろしませんでした。

 

退院して家に着きやっとゆっくり寝れる~と思い部屋に入ると

部屋の中に洗濯物の山、本当に山だったんです。

ここで初めて元夫が実家に帰らずに家で過ごしていたことを知りました。

 

退院して帰ってきて私はゆっくり寝たかったのに

帰ってきて早々に3~4回も洗濯機回しました。

それを見た元夫が

「そんなに疲れた顔しながら洗濯するくらいなら寝ろよ」

と言ってきましたがこれで私のブチギレスイッチON。

「お前が汚れた洗濯物を洗濯するどころかカゴにも入れず

部屋に置きっぱなしにしてるからこんなに洗濯してるんだろ!

部屋がお前の臭いで臭いんだよ!

カゴにすら入れれないってどこの子供だボケ!」

と退院初日から喧嘩でした。

 

退院初日から先が重いやられる状態。

まあ思った通りの結果になったんですけどね。

次回、退院後の生活を書きます。