毒親育ち、DV被害者、シングルマザーの現実

毒親持ち、DV被害者、シングルマザーのアラサーの体験談

養育費保証サービス①

去年私は養育費保証サービスと言うものを初めて見つけました。

それはお金配りおじさんと呼ばれる

前澤友作さんが設立した小さな一歩でした。

 

養育費保証サービスについては詳しくは解説しませんが

・債務者(元夫)からサービス会社へ養育費が支払われ

 そこから手数料等を引かれた金額が債権者(私)に支払われる

・養育費が支払われなくなった際に取立ては代行してくれる

・自分で元夫(元妻)に連絡を取る必要がない

・養育費の取り決めがなくても大丈夫(会社による?)

とざっくり説明するとこんな感じの内容です。

 

以前書いたように私は養育費を調停離婚で取り決めたにもかかわらず

一度も支払われていない状況でしたので

これを見つけた時には本当に驚きました。

今まで0円だった養育費が手数料を引かれたとしても

多少は入ってくるようになる!と思い

すぐに小さな一歩に申し込みをしました。

 

申込内容として記載しなければならなかった情報は

・私の住所や名前等の個人情報(免許証等の書類添付)

・相手の名前や住所、電話番号、勤務先、年収などわかる範囲の情報

・養育費の取り決めの有無(文面での取り決めがある場合はその書類の添付)

・過去の養育費の支払い歴

だいたいこんな感じでした。

 

私の場合は当時だと

・相手の住所、電話番号、年収は知っている、勤務先は知らない

・養育費の取り決めあり(調停証書)

・過去の養育費の支払い歴なし

で申し込みました。

 

SNSでだいぶ話題になっていましたが審査が本当に遅い!!

私の場合3ヶ月程待っても審査状況が本人確認書類の審査中から

一向に進みませんでした。

本人確認で3ヶ月も待たせるっておかしくない?と思い

問い合わせにて審査はまだなのかと問い合わせると2週間くらい経ち

ようやく返事が来たのですがその内容はまずは

審査の進行の遅さへの謝罪とそして審査結果。

「お客様のお申し込みを社内で慎重に審査した結果、今回は保証を見送らせていただくことになりました。

弊社はできる限り多くのお客様に養育費をお届けできるよう努力してまいりたいと考えておりますが、今回はこのような審査結果に至りご希望に添えず誠に申し訳ございません。」

 

私これを見た時心底腹が立ちました。

SNSで同じように小さな一歩に申し込んだ人たちは

「養育費が徐々に払われなくなって取り決めはなかったけど審査に通った」

公正証書での取り決めだったけど審査に通った」

と言っている人が多かったのに

一番法定効力の強い調停証書がある私が審査に落ちたことに

本当に納得いきませんでした。

 

色々な人の申込内容などを見た結果私が感じたのは

・養育費の取り決めの有無よりも過去の支払い歴の方が重視される

ということ。

 

まあビジネスなので会社としては

きっちり養育費を回収していかないと利益が出ないから

回収が見込めない人は落とすというのは当たり前かもしれません。

 

でも養育費保証サービスなんかに申し込む人は

子供の父親(母親)から養育費が回収できないから

藁にもすがる思いで申し込みをしているのでこれは酷いと思います。

子供のための養育費!!と謳いながら所詮ビジネスです。

 

審査が通った人でも元夫(元妻)から結局小さな一歩に養育費が払われず

わずか2か月で保証サービスを終了しますと言われた人も本当に多いようです。

 

こんなクソみたいな会社ならなくていいと私は思います。

養育費を払う人はきっちり払うからこんなサービスなんか

申し込む必要なんて全く必要ないのに

払わない人が多いから手数料を取られてでも養育費保証に申し込もうと思うのに

結局は回収できるかできないかでの判断とは

子供のための養育費とは笑ってしまいます。

 

個人的な意見になりますが

小さな一歩ははっきり言って申し込むだけ無駄!!

ただ個人情報を抜き取られただけの気分になるで申し込む意味がない!

 

私は小さな一歩の審査に落とされた後

同じ養育費保証サービスのミライネと言う所に申し込みました。

次回はミライネについて書きます。